おーちゃんの競馬予想ブログ

日本一の競馬予想家を目指すブログです

【有馬記念2019】リスグラシューを何故買えたのか

こんにちは。今年の大一番有馬記念が終わりました。個人的にこのブログは草が生えるほど放置してしまった。予想ブログをアップしなかったのは忙しいを言い訳にした自分の甘さだと思っています。今年一年は全く競馬活動できなかったことを少し後悔しています。

原因としてはそもそも予想する時間がない、金曜日夜〜土曜日夜に文章を書く時間が取れなかったことが原因なのですが、記事を毎日あげていた頃から熱意は少なくなっていることは事実です。今回は形式張った予想やレース回顧するのではなく、有馬記念を振り返って感じたことをメモのように自分の言葉にして残していきたいと思います。

早速本題ですが、今年の有馬記念は超豪華メンバーだった。最強牝馬アーモンドアイ 、宝塚記念コップスレート連勝中のリスグラシュー、3才最強牡馬のサートゥルナーリアをはじめG1馬11頭が集まる歴代最高メンバーだったことは間違いないだろう。オッズ人気はアーモンドアイの1強ムードになっていた。誰もがアーモンドアイが最強を証明すると感じさせるオッズとなっていた。

レース結果だが、、この記事を読んでくださっている人はみなさんご存知だと思うが、リスグラシューの5馬身圧勝。直線もノーステッキで最後はガッツポーズをする余裕がある内容だった。2着を大きく離す内容に着差以上の強さを感じるレースだった。一方断然1番人気のアーモンドアイは9着惨敗。当日中山競馬場で観戦してた自分は、リスグラシューの強さの歓声とアーモンドアイの9着惨敗の悲鳴が入り混じっているように聞こえた。

自分の予想の結果だが、タイトルにもあるように、私の本命はリスグラシューだった
いや、当たったことを自慢したいのではく、今回リスグラシューを何故買えたのかどういうポイントを重視して予想したのが綴りたい。

レース1週間前のツイート。一般の予想通りリスグラシューとアーモンドアイの2強対決だと踏んでいました。その中でリスグラシューを重視した理由は

・枠順
・馬場・コース
・調教の良さ

どれもありふれた予想ファクターであり、全て噛み合っていたと思う。
だが、ツイートもしている通り、当日の馬場状態はリスグラシューに最適だったと思う。宝塚記念・コップスレートの内容を見ると格が一つ抜けていると予想立てた

その中でも宝塚記念・エリザベス女王杯のハイパフォーマンスに注目した。有馬記念とリンクしている部分が多く、結果も連動しやすい。特に宝塚記念の圧勝劇と同じ走りをすればアーモンドアイ相手にも勝てると予想した。

リスグラシューの単勝勝負!馬連もうまくはまって勝つことができた。 
アーモンドアイの惨敗が予想できていたかと言えばそういうわけではない。馬券内には全然くると思っていた。ここでアーモンドアイが惨敗した理由は書かないでおく。個人個人が考えて次のレースの予想に活かしていけばいいと思う。言えることとしてはアーモンドアイは強く、近代競馬の歴史に残る馬だと思う。

ツイッターでも書いたが競馬予想TVの井内さんが「アーモンドアイが可愛くて強いなら、リスグラシューは綺麗で強いですね」と言っていた。レース前の予想番組だっただけに番組でもそれから話が広がらなかったが、自分には心に響いた。
当日中山競馬場でリスグラシューがゴールした瞬間、自分自身もそう思えた気がした。本当に綺麗で強い!22戦7勝と歴代馬と比べれば勝率はそこまで高くないし、初G1が4才秋と遅めだったので目立つ記録には見えないが、「記録より記憶に残る名牝」になったと思う。

競走馬の成長は素晴らしいと感じたし、好きな馬をずっと応援することの素晴らしさを再確認することができた。リスグラシューをデビュー当初から追いかけ続けた競馬ファンのみなさんにリスペクトの気持ちをこの場で伝えたい。

f:id:yousouyakeiba21:20191225160946j:plain